教授挨拶 │ 浜松医科大学医学部附属病院 形成外科

エントリー

Greeting.01沿革

 浜松医科大学形成外科学教室の源流は、1977年浜松医科大学医学部附属病院が開院した際、皮膚科の中に開設された形成外科診療班に遡ります。現在診療科を率いる深水秀一は、現日本医師会常任理事の松本吉郎先生と二人で1980年に入局しました。1992年に診療班は一度解散しましたが、大学の各診療科および地域の病院から形成外科開設を熱望されるようになり、2007年に診療科として独立した形成外科が新設されました。当時4人で始まった当診療科は、医局の雰囲気と仕事のやりがいから毎年のように入局者があり、現在30人を超える医局員が県内を中心に働いています。

Greeting.02形成外科について

 形成外科は、何らかの原因で失われた組織や臓器を元に戻す再建外科として、外科学における立場を築いてきました。先天的あるいは後天的に欠損や変形した身体のあらゆる部分を修復・再建して、整容と機能の両面を回復することを目的としています。
 従って形成外科の守備範囲は広く、頭のてっぺんから足の先まで、そして頭蓋や頭頸部、胸腹部、骨盤へも及び、取り扱う臓器は皮膚のみならず、脂肪、筋肉、骨・軟骨、そして血管や神経に対して外科的手技を用いながら治療していきます。さらに最近では、外科的手技だけでなく再生医療の知識と技術を駆使した治療法も取り入れております。これを縦割りで考えますと、腫瘍、外傷・熱傷、先天奇形、美容の4本の柱で成り立っています。

Greeting.03当科の特徴

 腫瘍およびそれに関連する再建では、全国でも有数の皮膚悪性腫瘍の手術件数を誇っています。これは診断から始まり、リンパ節や全身の転移検索までを主科となって行っており、研究テーマとしても確立しています。また、乳房再建や頭頸部再建も様々な方法で質の高い再建を行っています。
 外傷は、切断指を含めた手の外傷や顔面骨折の症例が多く、広範囲熱傷では、救命はもとより急性期からのリハビリテーション、瘢痕拘縮の修復まで一貫した治療を行っています。
 先天奇形では、顔面の唇顎口蓋裂、耳の奇形、眼瞼下垂に加え、手足の多指症・合趾症などが多く、マイクロサージャリーを駆使した治療を行っています。
 専門医取得のためには様々な疾患を経験しなければいけませんが、当科及び関連病院では形成外科のすべての領域で豊富な症例を有しています。

Greeting.04臨床と教育、そして研究マインド

 浜松医科大学医学部附属病院形成外科では安全で確実な臨床医療を第一の目的にしています。特に後期臨床研修に相当する期間では集中的に臨床教育の手ほどきを行い、それ以降はさらに専門性の高い臨床教育を一丸となって実現しています。しかし、すべての研修医がいつでも前進しているわけではありません。確実に進む人、ゆっくり進む人、立ち止まっている人、全てが将来の形成外科を支える人材だと考えています。私の教育のモットーは「待つこと」です。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」という山本五十六の言葉を座右の銘として研修医に磨きをかけています。そして静岡県の東部、中部、西部全域に渡り、現在10を超える基幹病院に約30名の医局員を派遣し、これらの病院と連携して静岡県という広域医療圏の形成外科診療を支えています。
 また、臨床の場に置いても絶えず研究マインドを求めるようにしています。研究マインドと一口に言っても簡単に獲得できるものではありません。考える基礎になる解剖学や病理学、生理学などの知識が必要です。これらの基礎知識をもとにして、患者さんに起っていることを究明し、学会報告したり論文にまとめたりする指導をします。さらに動物実験など基礎研究に発展させる場も用意しています。私の恩師は、「ものを“見る”には概念が必要である。“それがどう見えるのかという概念”が頭の中にできあがっていないと、見ても見えないのである。」と著書に書いています。もうすこしわかりやすい例で言うと、「個々のパーツがどういうものか知っているから全体として顔とわかるし、逆に、全体として顔とわかるから個々のパーツが何であるかもわかる。」のだそうです。
 医師として、人間として、スケールの大きな形成外科医が育っていくのを切に願っています。

Greeting.05明日を担う形成外科医への期待

 浜松医科大学医学部附属病院形成外科を立ち上げたときからの私の基本となる信条が三つあります。第一は多様性を認めることです。大学には管理型の教育を行う医局もあり、それはそれで効率がよく、命令系統がしっかりしているかもしれませんが、当科のような新しい医局では、それぞれの人間が自立性を持ち、能力・個性を最大限に伸ばしながら、機会均等・人と人の和を重要視することが医局の早期発展につながり、おもしろい研究ができるのではないかと思っています。また昨今、働き方改革が叫ばれていますように、妊娠中や子育て中の若い医師(女医さんだけに限りません)も安心して仕事ができるように努力しています。ただし、すべてを受け入れるというのではなく、個々の人間に常識があり、信頼の上に成り立っていることは言うまでもありません。
 次に臨床においても常に研究マインドを持つことです。若い先生は、ついつい日常の業務に埋没しがちですが、常に新しいもの、より良いものを探求する姿勢は重要です。新しい技術や機能が無ければ車は売れませんし、家も改築しようとは思いません。私も、大学のカンファレンスではいろいろな意見が出るのを楽しみに聞いています。医師としての基礎となる課題探索能力や課題解決能力は、一つ一つの症例について深く考え、広く論文収集を行い症例報告や論文としてまとめることで身についていきます。積極性は大歓迎です。

 最後に患者の全体を見ることの重要性です。私の専門の一つは創傷治癒ですが、「傷を通して全身を診る」ことをモットーとしてきました。これは、局所ばかりに目を向けず全身管理ができるという意味もありますが、難治性の傷から珍しい病気を診断したり、内臓疾患の増悪を指摘したり、先天奇形の患児の精神状態を推し量ることにも通じるところがあります。今の時代、自分の専門領域だけが突出して有能であれば良いという考えもありますが、私の教室では創傷から全身を診ることができる臨床医が育っているのが自慢です。

 明日を担う若い先生の多くが浜松医科大学形成外科の門をたたくことを期待して、ご挨拶とさせていただきます。
 絶対に後悔はさせません。